公務員、早期退職(公務員 → 民間 → アーリーリタイア)

43歳で地方公務員を早期退職し、民間勤務1年を経てアーリリタイアし専業個人投資家に転身した瀬野航太のブログです。資産運用歴は兼業時代も含めて23年。投資手法は昔ながらのアセットアロケーションです。

福井→出雲ロードバイク旅(番外編、出雲でのお食事 その2)

 ロードバイクで四国一周をしたいなぁ って考えそれを実現するためにまずは、福井→出雲区間のライドで予行練習をすることになりました。前回からは番外編として出雲でのお食事。出雲大社への参拝。そして、出雲から山陰本線を使って福井への帰路につく鉄道旅について触れていくことにしていますが、今回は食事のその2です。



以前の書き込みはこちらからどうぞ↓
koumuin43.hatenablog.com


出雲市滞在2日目、最後の夜はお待ちかねの丸善水産 出雲店です。ホテルのフロントからコネクティングしているので、そのまま入店。いらっしゃいませの声で迎えられます。バイトのお兄さん、半年前に訪問したときと同じ方ですが当時はまだバイトをし始めて間がなかったのか? 少し、恥ずかしさが混じっている感じでしたが半年も経つと板に付いているって感じでした。適応力すごい! さっそく、カウンターに案内されてコロナ関連の書類に記入を求められます。万が一、コロナ患者が出た場合、その旨連絡をもらえるようです。この手の対応は、色々な意見がありますし私はコロナに関する規制等は撤廃すべきと思っていますが、商売は売り手、買い手が対等な立場で行うものですしここは従います。

よく、飛行機などでマスクをする、しないということで揉めている人がいますが。先に述べたように商売は、売り手、買い手が対等な関係です。相手の条件が気に入らなければ飛行機を降りろ!って言いたくなります。コロナ政策に文句があるなら、それは政府自民党とか厚生労働省に言うべき内容です。





ちなみにホテルアルファワン出雲の滞在客は、フロントで割引券をもらうとウェルカムドリンクがサービスでした。ってことでお通しの「魚しゃぶしゃぶ」でまずは乾杯。お通しにしてはちょっとボリュームあるなぁって感じですがそこは、気にせずにw お通しで時間を稼ぎながら注文した料理がくるのを待ちます。




まず、注文したのが日本人なので白ご飯に宍道湖シジミの酒蒸し、そして穴子の天ぷら。ガッツリ、夕ご飯的な感じですが白ご飯と汁物系の食事は鉄板だと思います。さらに穴子の天ぷらは、鰻に比べて穴子は油が優しいので天ぷらにしてもなんらクドくなりません。肉厚の穴子がフワフワの食感で提供されるので、熱いうちに天つゆにつけると本当に美味です。あと、おもしろいなぁって感じたのが穴子の刺身。私も初めてお目に掛かったのでさっそく注文しました。

手前がシジミの酒蒸し、奥が穴子の天ぷら。
どうやら天然穴子だったようです。いい食材を適切な料理法で提供。これはおいしいはずです。

穴子の刺身のお味は、少しコリコリしていて何やら不思議な味。どこかで食べたことがあるような?無いような味? 近い味は太刀魚のような気がしました。上品な味なので私のような雑食人間ではなく、味にうるさい美食家の方には特に喜ばれそうな味でした。

刺身を引く際に高いテクニックが要求されそうな穴子の刺身。


穴子を食べたあとは、山陰に来たらこちらも食べたい鯖の棒寿司。今回は焼き鯖の棒寿司にしました。ショウガで口の中をはっきりさせてから食べると、本当に美味です。一貫目は、そのままで食べて2貫目は醤油を少したらすなどして食べると少し雰囲気が変わりますよ。そして、さらに白飯と(どんだけお米好きなんや?)と今度は、シジミの味噌汁、ハタハタの焼きで閉めます。とにかく白ご飯とシジミの酒蒸しとか味噌汁の相性が良いんですよ。





一通り、食べてお腹がいっぱいになったあたりでビールを見ると半分ぐらい残っていたので、おつまみにエイのひれを注文し食事を終えることにしました。エイのひれは、温かい間にマヨネーズをつけて食べるとこちらも美味です。ネットを見ると冷凍状態で売っているサイトも見受けられたので、こちらは自宅でも楽しめそうな気がしました。こうやって、満腹感と満足感2日目の出雲の夜は更けていきました。また、来たいですね。丸善水産 出雲店。


ホテルの部屋から見た出雲市内。


さて、次回は一畑電車に乗って出雲大社へ向かうお話です。鉄分多めのお話になりますが、読んで頂けるとうれしいです。

(番外編、一畑電車に乗車 その1へ続く)





四国一周1000kmロードバイクの旅(ポータルページ) 

 
 先日、無事ロードバイクで四国一周を果たしました。走行日数は10日間、総走行距離は1036.6kmでした。
本ブログでも旅行記的な感じで記していく予定ですが、スマホで撮影した画像、動画が7.3GB、ファイル点数972点にも及びブログも相当なボリュームになることが予測されます。そこで本ページをポータルページとして、ここに分類した感じで記事を書いていくことにします。ですので、読んでいただく皆様はここを見ていただければ目的の記事にたどり着けるようなイメージです。新着記事が追加された場合もここにその旨、表示されます。





従前の福井→出雲市ロードバイクの旅の記事に併せて、他の記事も平行して載せていくので更新頻度は不定期になりますが楽しんでいただければ幸いです。



☆準備編
 ・四国一周はここから始まった 新着更新12月3日
 ・解決すべき問題
  → 問題の解決その1
    → 問題の解決その2
     → 問題の解決その3
 ・四国サイクリングプロジェクトにエントリー
 ・どうやって四国へ行く?


☆四国上陸編
 ・初めてのフェリー
 ・フェリーに乗船
 ・フェリーの個室
 ・フェリー内での夕食と探検









パイロット版旅行
事前に問題点を洗い出すために取り組んだ福井~出雲市までの2泊3日のロードバイク新着更新12月6日
 ・福井→出雲ロードバイク旅(ポータルページ)







愛媛県イメージアップキャラクター「みきゃん」と筆者。







四国一周1000kmロードバイクの旅(準備編:四国一周はここから始まった) 

本記事は、2022年10月に挑戦した「四国一周1000kmロードバイクの旅」の記事です。記事のボリュームが膨大になることが予測されるため、下記にポータルページをご用意しました。初めての方は、下記のポータルページから読まれることを強く推奨いたします。


koumuin43.hatenablog.com




「時間があるんだったら、四国一周やってみたらどうですか?」ってW君が私に言ったのは、2年ほど前。私が公務員を辞めて間もない頃でした。W君は私より7歳ぐらい若い男性だが、ときおり物事の核心に迫る発言をしてドキッとすることがあります。当時の私は、職を辞してメンタル的に不安定で将来を見通せずにいたのでその時はその発言をスルーしていたのだがその後、私が民間に転職、1年で退職しアーリーリタイア生活に入り専業個人投資家として活動を開始して半年を経過した頃にその発言が脳裏に蘇ることになりました。

※アーリーリタイア生活とは、定年退職を待たずに早期に社会から引退し早い老後生活に入ること。ただし、その定義は人によって多少の差異がある。私の場合は、専業の個人投資家として投資をしながら、生活をするが生活の中心は投資では無く自分の趣味の時間を楽しむ事。


写真はWさんを含めてビワイチをしたときのモノ。何気ない一言が四国一周1000kmロードバイクの旅につながった。

アーリーリタイア生活に入ったその頃の私は、専業の個人投資家として半年ほど経過し、兼業の頃の運用成績に加え専業になってからの運用成績を加味すると大勝ちもしないが、大負けもしないという運用成績。そしてシャープレシオ的にも良好な成績を保っていた。さらに今後の資金計画なども考えれば、非常に恵まれたアーリーリタイア生活を過ごせることも予測していた。そんなときに脳裏に四国一周ロードバイクの旅が蘇ったのである。当初は、ロードバイクといえばレース一択! という私だったが、47歳でのレース参加、それほど成績も伸びることもなく少しレースにも飽きが生じていたのも事実。つまりは、変化を望んでいたのかも知れない。そういう状況で無謀な四国一周ロードバイクの旅の計画は、少しづつ進むことになりました。そんな計画が劇的に進んだのは、ロードバイクでの四国一周を推進している「愛媛県自転車新文化推進協会(愛媛県 観光スポーツ文化部 自転車新文化推進課)」のCHALLENGE 1,000kmプロジェクト料金の変更でした。このプロジェクトは、事前にエントリー料を支払い、四国一周を達成すると認定証をもらえるというものですが昨今の経済状況の影響でそれが値上がりするというものでした。値上がり幅もけっこうな金額であったので、駆け込みでエントリーしましたがエントリー後は、3年以内に四国一周を無事達成すると「完走証」と「バックル」がいただけます。ただ、私の性格だとエントリーしたことで満足して四国一周を達成出来ない恐れが多分にあります。だとすれば・・・鉄は熱いうちに打て!


cycling-island-shikoku.com



来週にでも四国一周に出発を! と行きたいところでしたが、そんな逸る心を投資家の思考が止めます。「まずは、問題点を洗い出そうよ。リスクが高すぎる。」投資をする場合、まず一番始めに考えるのはリスク。リターンは次に検討します。これが私のスタイル。かといっても、問題点やリスクが全く分からないのが現状。そこで実施したのが2泊3日のパイロット版とも言えるロードバイク旅行。福井~出雲間を走るという旅でした。こちらは、本ブログでも詳細を掲載中ですので是非ご覧ください。その福井~出雲間のロードバイクの旅は大きな問題も無く、終えることが出来ましたが問題点も浮き彫りになりました。ただ、四国一周1000kmという距離は決して荒唐無稽な距離では無く走りきれるという自信も得たのです。


koumuin43.hatenablog.com






(準備編:解決すべき問題)につづく











福井→出雲ロードバイク旅(番外編、出雲でのお食事 その1)

 ロードバイクで四国一周をしたいなぁ って考えそれを実現するためにまずは、福井→出雲区間のライドで予行練習をすることになりました。前回までの書き込みは、ロードバイクの旅は色々あったし辛かったけど出雲へは到着したお話。いわば本体のお話。今回からは番外編として出雲でのお食事。出雲大社への参拝。そして、出雲から山陰本線を使って福井への帰路につく鉄道旅について触れていきます。



以前の書き込みはこちらからどうぞ↓
koumuin43.hatenablog.com



ロードバイクの旅を終えて、今回の旅のもう一つの目的達成を目指します。旅の目的? それは二つありました。一つは四国一周サイクリングの予行練習としてのロードバイクの旅。そしてもう一つは、出雲大社に古いお札などを納めることです。これ以降の福井→出雲ロードバイク旅の書き込みは、番外編と称して出雲での滞在の模様を紹介したいと思います。今回は、出雲市でのお食事についてです。


私が出雲に滞在するときの定宿は、ホテルアルファワン出雲だというお話は何度もしていると思いますがそこの1Fで店を構えているのが、山陰漁酒場 丸善水産 出雲店です。松江市にも店舗があるのですが、ここが私のお気に入りです。今回も楽しみにして、訪問したら。「あれ! 電気が点いていない?」 定休日でした。調べると日曜日が定休日のようです。日曜日って稼ぎ時では? ってちょっと、不思議に思ったんですが以前、このお店の松江店で板前さんが言っていた言葉を思い出しました。「日曜日は漁師さんも休むので新鮮なお魚が手に入りにくいですよ。なので、来店は普通日がオススメ。」推測ですが、そういう理由で日曜日は閉店しているのか? と勝手に納得しました。


しかし、食事をしないと夕食難民になります。せっかく、福井~出雲間のロードバイク旅終えたんですからビールを飲みたいです。ということで、近くの飲食店をさがすと日本海庄屋がありました。運営会社は、株式会社大庄 東証スタンダード 9979ですね。ここまで来て、仕事(株式投資)の事を考えるか?(苦笑)まぁ、それはさておき入店し、先ずは生中! 最近の若者は「まずはビール!」ではないようですが私、昭和の人間なので。あとは、アユの塩焼きに穴子の天ぷら。そして宍道湖シジミ。山陰に来たらオススメしたいのは、穴子の天ぷら! これは本当においしいですよ。塩とか天つゆをあまり付けずに初めは食べて見てください。穴子の甘さがよく分かります。その後、天つゆなどをつけるのがオススメです。

     
せっかく、山陰に来たんですからお魚料理中心。


お酒も進みますが、あまり飲み過ぎるとお料理の味が分からなくなるので一旦、水で冷まします。普通にお冷やを頂いても良かったのですがせっかくなので、海洋深層水を飲みました。ほのかに塩味があるような? ないような味? ただ、おいしいお水だったのは間違いなかったので実はこの後、楽天でケース買いしました。




そして、仕上げに入ります。ご飯ものでガッツリいきます。やっぱり日本人、お米が欠かせません。ただ、我が家はカレーの時はタイ米を炊いてます。ご飯もので仕上げた後は、「あかてん」を食します。 あかてん? あの高校生とかが頭を抱えるヤツ? 卒業できねぇ(号泣)。私、3年生の時に数学で取ったことがあります。理系なのにねw 実はこれは島根あたりでよく見かける名物おつまみで、魚肉のすり身に赤唐辛子を練り込んでパン粉で揚げたものなのです。少しピリッとしてこれにマヨネーズを付けて食べると大変美味なんです。福井県の若狭地方にタイカツという鯛のすり身に七味唐辛子を練り込んだカツがありますが、あれが好きな人ならおそらく虜になるでしょう。タイカツよりは辛味は控えめです。

痛風持ちには身体に毒だが、おいしいの間違いなし!
赤てん。マヨネーズと共に食べるのがオススメ。

あぁ、赤てん。おいしかったぁ。いつもは居酒屋で食べるのですがこれって島根のスーパーとかで普通に売っているのかな? そんな疑問も沸きました。さて、次回は、(番外編、出雲でのお食事 その2)と称して、いよいよ! 山陰漁酒場 丸善水産 出雲店 に行きます。来店はこれで3回目になります。


maruzensuisanizumoten7755.gorp.jp





(番外編、出雲でのお食事 その2へ続く)
koumuin43.hatenablog.com