公務員、早期退職(公務員 → 民間 → アーリーリタイア)

43歳で地方公務員を早期退職し、民間を経てアーリリタイアし専業個人投資家に転身したロードバイク乗りのブログです。趣味のロードバイクについても語ります。

HDDレコーダーのファンの異音(その2)

長く使っている、東芝のHDD/DVDレコーダーの冷却ファンが劣化してきて分解修理するお話の続きです。



koumuin43.hatenablog.com




あっけにとられるほど、カンタンに分解できたのでさっそく該当するファンを取り出しました。ファン自体は、型番とメーカーも書いてありましたが手持ちのPCのファンとは外形寸法などは違うので少々、普通の流通ではないようでした。ただし、固定方法だけ工夫すれば汎用のファンも使えそうです。


f:id:KUROMAKU59:20210505121306j:plain


ちなみにこのファンの型番でネット検索すると、補修部品としての流通は少数ですがありました。ただ、値幅がけっこうありますので安いのを狙って買うことが必要だと感じます。なお、型番は AUB0612L でした。


外したファンを確認すると、動作自体には大きな支障はなさそうでした。さらに上記のネット検索では、ファンがけっこういい値段したのでこれからの使用頻度と値段を天秤にかけると、交換せずに延命化したいという思いに駆られて(ケチだよなぁ)当初の計画通り注油で対応することにしました。








そこで登場したのが・・・


f:id:KUROMAKU59:20210505124643j:plain


シリコンスプレー! ドラえもん風に


ファンの軸とおぼしきところに吹き付けてみます。以前、別の電化製品の時には、これで異音は消えたのですが今回は・・・微妙でした。軸受け部の摩耗が進みすぎると、あまり効果はないんですね(シクシク) まぁ、そこは今回は妥協して修理を終えることにしました。チャンチャン


参考事項として:内蔵されていたHDDの型番等を記載しておきます。見たところシリアルATA接続のようです。故障後はこれに入れ替えると動くかまでは、確認していません。動作プログラムは、HDD上においてあるのか? それともRAMなのか? 

f:id:KUROMAKU59:20210505125510j:plain




(おしまい)

HDDレコーダーのファンの異音(その1)

長く使っている、東芝のHDD/DVDレコーダーの冷却ファンが劣化してきて動作音がうるさくなってきました。軸受け部分のベアリング不良だと推測しましたが、潤滑油を刺すことでなんとかならないか?と思い、バラしてみることにしました。

なお、今回分解した機種は、東芝 VARDIA RD-S304Kです。2009年頃の機種ですから、相当に古いです。


大抵、こういう電化製品とかPCは隠しねじがあって、分解することを阻害するような細工がしてあると思ったのですが、このレコーダーはそういう細工はしてありませんでした。


f:id:KUROMAKU59:20210427223304j:plain
分解したところ。スッキリとしています。




HDDにDVDドライブ。まるでPCみたいな感じです。分解したところ、大量のほこりが見受けられました。大きいモノは掃除機で吸い取って、そのあとはエアダスターでホコリを飛ばします。こういうホコリが湿気を吸ったりして、回路上で悪さをすると聞いたことがありますが、たしかに起こりえそうな雰囲気でした。

f:id:KUROMAKU59:20210427224647j:plain
エアダスターは常備してあります。意外と利用頻度が高いです。

掃除を終えてから、いよいよファンの確認にとりかかります。

(その2へつづく)

地方公務員の退職金

市役所を早期退職してはや2年。そろそろ時効だと思うので退職金の話をします。

まず、私の退職時の条件は
・自己都合退職
・在籍期間21年 でした。

f:id:KUROMAKU59:20210414223125j:plain
ずばり、退職金額は?


何人かの民間企業で働く人達に反応を聞いてみましたが、多種多様な反応でした。これは各々の属している民間企業によるものだと思います。

私が公務員廃業後に勤めていた民間企業は、退職金は会社への貢献の功労金という意味合いがあったので一般社員の退職金は、高額になることは少なかったようです。具体的には毎年、会社への貢献度を点数化されてそれがポイントカードみたいにたまっていくイメージです。ですので、私のような出来の悪い社員は、ポイントはたまらなかったでしょうね。ひるがえって、退職金は給料の後払いという意味合いがある企業の場合は、それなりの退職金のようです。







私の個人的な考えを述べさせて頂くと、公務員の退職金は高額すぎると考えています。公務員の給料は、20代は本当に薄給で実家暮らしでない場合や、官舎住まいが出来ない場合は生活に困窮する人が多いです。しかし、それが30歳を超えるあたりから事態は急激に改善していきます。つまり、歪な給料の上昇曲線なのです。

それを考えると、将来払うべき退職金を廃止してその財源を若手に支給して欲しいと思います。そして、退職金を廃することが公務員から民間への転職をある意味では、後押しするのではないかと思っています。

ご承知のとおり、AIがこれから台頭してくると公務員の事務系の仕事は激減すると思われます。そうじゃなくても民間委託は、財政状況が悪い地方自治体を中心にこれから加速していくと思います。となると、公務員大量失業=公務員余りという事態がいずれ生まれます。なんとか、軟着陸させるためには、官から民への転職という道筋をつける必要があると思います。そういう意味でも公務員を長く務めるというメリットをそぐ意味で、退職金制度を見直していく意味はありそうです。

オイル交換(2種類の粘度のオイルを混ぜる)

 昨年、車をランエボ8からソリオバンディッドに乗り換えました。ランエボ8の頃は、オイル交換は自分でやっていたのですが、オイル代を少しでも安く上げるためにペール缶でまとめ買いしていました。そして、その時の残オイルが10リットル近くあります。


koumuin43.hatenablog.com


その残っているオイルですが、10W-30。そして、ソリオバンディッドのオイルは0W-16です。さて、残っているオイルをどうしたものか? 少量であればオイル処理箱で処分も考えたのですが今回は量が多すぎます。かといって、さすがにそのまま使うと粘度的によろしくないように感じます。であれば・・混ぜてしまえ(鬼)ということなりました。

f:id:KUROMAKU59:20210412195014j:plain
新旧のオイルを並べてみた。


ソリオバンディッドは概ね3リットルちょっとのオイルが入りますので1リットル弱を10W-30、残りを0W-16とします。この混ぜる割合ですが、夏場なので10W-30を1/3としましたが、冬場であればもっと割合を減らした方が良さそうです。作業自体は、今回はオイルエレメントの交換は無かったので電動ポンプでオイルを上抜きしました。これがけっこう楽なんですよね。下回りに潜るのは、最近はだいぶしんどくなってきました。

f:id:KUROMAKU59:20210412195258j:plain
道具があれば実作業は30分もあれば充分です。


作業完了後のエンジンの挙動ですが、何ら変化はありませんでした。始動不良などもなし。この方法で旧のオイルを使い切る予定です。そして、使い切ったペール缶は我が家のゴミ箱に再利用です。これが意外と便利です。






ところで、エンジンオイルの交換タイミング皆さんは、どうされていますか? 私の常識ではオイル交換は3000~5000kmなのですが、ソリオバンディッドや最近の車は15000kmという指定を見ることがあります。いきなり、3倍かよ! って感じもしますが、これはどういう理由で最近の車はエンジンオイル交換タイミングがこんなに伸びたのでしょうか? 少々、興味があります。私のオイル交換タイミングですが、仕事でも車を使う機会が無いので年間に1万~1万5000kmぐらいしか走らないので、概ね夏、冬タイヤ交換時、つまり年に1~2回を想定しています。