公務員、早期退職(公務員 → 民間 → アーリーリタイア)

43歳で地方公務員を早期退職し、民間を経てアーリリタイアし専業個人投資家に転身したロードバイク乗りのブログです。趣味のロードバイクについても語ります。

2020年振り返りとご挨拶 その1(43歳早期退職公務員→民間→アーリーリタイア)

 いつもブログを見ていただきまして、ありがとうございます。2021年もいよいよ始まりました。昨年はCOVID-19で大いに予定の変更を迫られたり、民間企業を退職してアーリリタイアに舞い戻ったり本当に色々ありました。

今年も色々、あるだろうし悩みながら進むことになるんだろうなぁ。と思っていますが、前に進めていきたいと思います。よろしくお願いします。せっかくの機会なので、ブログの書き込みを見て1年を振り返ってみようと思います。(一部、書き込みが低迷した時期は、ブログ記事がないのでそこは思い出して書き込みます)

1月:2019年9月に再就職した民間企業、このあたりから色々とおかしくなります。書き込みを振り返ると、

「年末に今日も20分ほど管理職の上司と話し合いをしたけど、イマイチかみあわない。自分なりに努力はしているのだが、「それは違う」という管理職の考え。つまり、会社の型と私の型が違う。私の能力不足もあるんだろうけど、このまま続けるのが良いことなのか? 尊敬していた上長は、今は栄転されて私の周りにはいない。相談相手はなく、他の人に下手に相談すればお話が筒抜けになる可能性もあります。はて・・どうしたものか?」 

だいぶ悩んでいるみたいです。この書き込みに出てくる上長、非常に手際が良く私から見たらスーパーマンみたいな人でした。なにかと、私のことも気にかけてくれた方でした。私はその方の仕事の一部を引き継いだのですが、それ以上にこの方が社内の人間関係を良好に保つ役割も果たしていたのでした。


2月:仕事に関しての悩みは尽きず、なんとか折り合おうと考え始めます。書き込みを振り返ると、

公務員を辞めて再就職。どうせなら、人生を楽しもうと最近、考え始めました。仕事についても、会社の思惑と私の思惑に乖離が生じれば、私はおそらく自分の思惑を優先すると思います。

そして、リフレッシュと考える時間を確保するためにマレーシア旅行へ久しぶりに出かけます。帰国後、色々な角度で人生を考えることになります。そもそも、居場所を確保するために再就職をしましたが今の職場は、私にとって会社にとっても適切なのか?

koumuin43.hatenablog.com







3月:本格的にこの頃から、再就職先を去ることを考え始めます。居場所となり得なかった、職場。そして、減少した年収。職場に残る理由が一つ一つ、消えていきます。書き込みを振り返ると、


そんな状態で再就職した仕事をどうやって続けていこうか? どうやってもモチベーションを上げていこうか? 再就職して7ヶ月経った今、そういう悩みを抱え始めました。



koumuin43.hatenablog.com



そして、長年の愛車をいよいよ乗り換えます。この車で鈴鹿サーキットでレースに出たり、思い出深い車でしたが老朽化には、勝てませんでした。そして、ロードバイク輸送が最大の目的の車と言うことでソリオ・バンディッドを採用しました。昨年の年末には新型ソリオも発売になりましたが、この価格でこれだけ多機能の車は、本当にお買い得だと思いました。

koumuin43.hatenablog.com




(その2へつづく)